>  > 年齢からですかね。フェラに目覚めた

年齢からですかね。フェラに目覚めた

それまで風俗でもあまりフェラチオって興味なかったんですよ。相手にされるよりも相手を攻めたい気持ちの方が強かったんですよね。でも年齢からなのか、最近では女の子を攻めるんじゃなくフェラチオをもっとしっかりとしてもらいたいって思うようになりました。どういった心境の変化なのかまでは自分でもよく分かりませんが、フェラチオをされている時の方が幸せな気持ちになってきたんですよ。それこそ風俗で女の子を選ぶ基準さえ変わりました。それまではとにかくスタイルの良い子で、出来れば反応の良さそうな子って思っていましたけど最近はスタイルよりもとにかくフェラが上手な子に思う存分フェラをしてもらいたいって思うようになりました。なんでこういった心境の変化があるのかは自分でもよく分かりませんけどそのおかげでいろいろと楽しめているので、年齢の変化も決して悪いものではないのかもなって思うようになりました。きっとこれ、自分だけじゃないでしょうね。

ノートにメモをするのも好きです

風俗を利用した後は必ず風俗メモを付けるようにしているんです。料金、女の子、お店とちょっとした感想。誰に見せるためのものではなく、本当に自分自身のためです。メモをすることで忘れないじゃないですか。それに次回以降の風俗遊びの際の参考にもなるんです。自分にとってはかなり貴重なデータベースになっているので利用した後はメモを残していますが、そのメモを後々見返してみると面白いんですよ。まるで自分が風俗雑誌とかメディアのライターにでもなったかのように気合いのこもったレポートをしている時もあるんです(笑)「彼女の今後に期待だ」とか「あのテクニックは可能性を感じる」とか、相当満足したからこそこんな表現をしているんだろうなって。風俗で楽しんだ後に自分も楽しみながらメモを取る。そして見返して更に楽しい気持ちになる。いろんな気持ちになれるのも風俗っていうジャンルの奥深さや器の大きさを表しているのかなって思います。

[ 2016-08-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談